【ラングリッチカレッジのスタッフを紹介】ロドニー講師。生徒からとてもとても人気がある親しみやすい講師

2012

07

11

Rodney ラングリッチカレッジの食堂カフェにて撮影

「誰か他の人を助けるのが好き。誰かを励ますのが好き。自分の知識を誰かと共有するのが好き」とRodneyはインタビューの最中に語ってくれました。こちらが面食らうくらいに良い人オーラがRodneyからは出ています。

父親が中国系、母親がスペイン系であるため、ロドニーは外見は日本人や韓国人と見紛うものです。混血が多いフィリピン人なので、時にはロドニーのような外見のフィリピン人もいたりします。

ロドニーのレッスンの方針は「完璧な人間はミスをしないけれど、完璧な人間なんていない。ミスするのは学んでいる証拠。だから失敗を恐れないで。シャイにならないで。また、自分に合ったやり方で学ぼう」というものです。「僕は何かを共有したいだけなんだ。だから教師と生徒という関係を超えて、もっと深く繋がりたい。だから友だちになろうよ」とロドニーはレッスンのはじめに生徒に向かって熱く語ります。

ロドニーはいくつかの日本語の単語とごく簡単な文法なら理解できるので、時々こちらの日本語での会話を理解していて驚かされます。最初はアニメから学んだようですが、その後日本人生徒とより仲良くなるために日本語を現在進行形で学んでいます。「自分の中で相手を理解しようとする真摯さがあれば、それはきっと相手に通じて仲良くなれる。」だからロドニーは日本語を学んでいるのです。

看護師を専攻する大学時代からこのような生き方をしていたため、所属していた宗教団体のリーダーの1人であり、大学時代からたくさんの友人がいたみたいです。

また、ダンスと歌唱が得意なのに加えて、山登り、海水、旅行が大好きなので毎週末はいつも友人とまだ訪れたことがない場所を訪れているとのことです。そして「自分の友人は家族同然の存在」なので、いつも友人達と出歩いているようです。

元々は獣医か考古学者になりたかったけれど、その時の経済的な事情で看護師の専攻を選んだロドニー。現在は看護師での働き口が無いためにESLスクールで働いています。でもゆくゆくは大学に再入学して医師を目指したいと将来の目標を語ってくれました。

【連絡】平日毎日6時間のマンツーマンの英語授業を受けて、しかも食事と宿代を含めた1ヶ月の授業料が99,800円。そんな格安のフィリピン留学が可能なラングリッチカレッジの詳細はこちらのウェブページを御覧ください。>ラングリッチカレッジのウェブページ

Topへ戻る