被災地支援活動  “Langrich Team goes to Medellin Cebu for Relief Operation”

2013

11

28

11月23日に、セブオフィスのスタッフは台風30号の被災地メデリンへ支援物資を届けるため現地へ赴きました。今回の活動はスタッフの意見から生まれた私的な活動でしたが、たくさんの方の協力もあり、無事に支援物資を届けることをができました。
この活動について、セブオフィスのフィリピン人スタッフが記事を書いてくれたので、原文を紹介します。今回の台風についてどう感じたのか、フィリピン人スタッフの視点から知るためにも、是非英文で読まれてみてはいかがでしょうか?(※記事の最後に日本語訳もあります。)

 

“Langrich Team goes to Medellin Cebu for Relief Operation”
As you might already know, 15th of November, Yolanda, also known as Haiayan took a landfall in Visayas. North part of Cebu was the worst hit areas of the typhoon after the first landfall in Tacloban, Leyte. The typhoon devastated the region and a lot of people lost their lives.

Days after that disaster happened, help from different countries and organizations both local and international tried to gather and reach out with their helping hands to the affected areas. And so after knowing that, Langrich Team decided to personally aid those affected families in Medellin Cebu (tip of the North part of Cebu).

IMG_6632

medellin

23rd of November, in the middle of a cloudy weather around 9 in the morning Langrich Team started heading their way to Medellin Cebu for the Relief Operation.

IMG_6797

Getting there almost seemed out off reach but through some help and support from Japanese Staff and Langrich Management, we were able to gather different donations from teachers, staffs and even outsiders. Luckily we were able to reach 300 Family packs of Relief goods that we will distribute.

作業中の風景

On the way to Medellin it was eerie to see how it seemed like there was no where safe from the typhoon’s wrath. It was 4 hours land trip from the center of Cebu to the tip of North Cebu. There was always some damage somewhere. Trees stripped bare of its leaves, a house on top of a car, children and even adults begging on the main road and even families living nearby the road.

IMG_6923

IMG_6944

We got to our destination safely with our pick up forwarded intact. It hurts to see how much damage there is even though the place was not as hit hard as Tacloban but it was still a painful sight. After a long trip, we arrived around 1 in the afternoon and were amazed how the people there was so disciplined despite of the experience they had.

IMG_6955

We saw them forming a line already with smiling faces anticipating with the goods that we have. With no hesitant, we then start the operation.

IMG_6997

It took only 30 minutes of distribution and we can see smile on their faces receiving bundles of joy from us. After a quick distribution of some relief goods, we packed up, took our lunch there and headed back to Cebu hoping that the weather will cooperate with us- it won’t rain.

IMG_6994

We knew it was gonna be hard but we needed to take the risk.. . at least some relief to see that the people were slowly rebuilding, slowly recovering and their lives restoring. Great experience indeed and glad Langrich team was able to help even if it was just a small amount.

IMG_7153編集後

(日本語訳)
ご存知の方もいるかもしれませんが、11月15日に、台風ヨランダ(別名ハイアヤン)がビサヤ地方(※フィリピン中部にある島々の集まり。中心都市はセブ市。)に上陸しました。タクロバン(※フィリピン中部、レイテ島北東部の海岸にあるレイテ州の州都。東ヴィサヤ地方の中心都市かつ最大都市でもある。)への一度目の台風上陸の後では、セブ北部は最も被害の大きかった地域です。多くの人々がこの台風によって生活を奪われてしまいました。そして数日後、たくさんの国や国内外の組織からの支援の手が被災地へ差し伸べられたことを知り、チームラングリッチも被災地メデリン(※セブ島の最北端にある地域)へ私的な支援を行うことを決断しました。

11月23日の朝9時、曇り空の中、私たちは支援物資配給のため、メデリンへ出発しました。今回の企画の実現はとても難しく思えましたが、日本人スタッフとセブオフィススタッフの助けもあり、たくさんの寄付をラングリッチの講師、スタッフ、そして関係者以外からも集めることができました。そして幸運にも、300個もの数の支援物資を集めることができました。

メデリンへの道中、とても不気味な光景が広がっていました。台風から逃れることができた安全な場所など、どこにもない様子だったからです。葉をむしり取られた裸の木々、車の上に乗り上げた家、子供たちだけでなく大人でさえも大通りで物乞いをし、道路の脇で過ごす事しかできない家族たち。セブからメデリンまでの道のりは4時間にもおよびましたが、そこには常に被害の爪跡が何らかの形で見て取れました。

そして私たちは無事、無傷の支援物資とともに、目的地へとたどり着くことができました。今回最も被害を受けたタクロバンほどのダメージは、メデリンにありませんでしたが、それでもなお、見るに堪えない光景が未だにそこには広がっており、目をそむけたくなりました。しかし同時に、辛い経験をしたはずの人々が規律正しく生活しているのを目の当たりにして、ポジティブな驚きも感じる事ができました。私たちが到着するころには既に、支援物資を楽しみに笑顔を浮かべながら、列を作って待つメデリンの人々がいました。そして何のためらいもなく、私たちは物資を配り始めました。配給には30分しかかかりませんでしたが、物資を受け取るメデリンの人達の嬉しそうな笑顔を見ることができ、私達も嬉しい気持ちになりました。その後は、後片付けをしてランチを食べ、帰り道に雨が降らないように祈りながら、帰路につきました。

メデリンでの支援活動はとても大変になることを知っていましたが、それでも行く必要があると私たちは感じていました。支援物資は少ししか役立たないかもしれないけど、それによって、人々がゆっくりと復興し、ゆっくりと元の生活を築き始めるところを見たいと思ったからです。支援物資は少しだけだったかもしれませんが、チームラングリッチが被災地の手助けをできたことは、本当にとても貴重な経験となりました。

Topへ戻る