【フィリピン人の休日シリーズ】第一弾 思わずほっこりしてしまったフィリピン人講師の話

2014

07

19

フィリピン人の生活観の違いを知るため、【 フィリピン人の休日シリーズ 】を更新していこうと思います。

今回は、シリーズ第一弾として
早速フィリピン人英会話講師であるRixa先生の休日についてインタビューしてみました!

【Rixa先生/20歳/女子大学生】

Rixa
Rixa先生プロフィールページ

自分「休日はなにしてるの?」

Rixa「英語の本を読んでる!」

自分「もう少し、具体的に教えてくれる?笑」

Rixa「例えば、土曜日が休みだったとすると、金曜日の夜は23時から英語の本を読んで寝るわね。」

自分「土曜日はなにしてるの?」

Rixa「7時~11時まではサッカーの練習!それと先輩が抜けたから新入生の勧誘をしてるの。で、そのあとは愛しのペットと過ごすの!」

自分「サッカーは自分がプレイしてるんだ!笑 午後はペットと一日中過ごすの?」

Rixa「もちろんプレイしてるわよ!笑 んー、12時くらいまでかな! そのあとは、妹たちに勉強を教えたり用があれば連れて行ってあげたりしなきゃいけないから、ずっと妹たちのお世話をしてるかな。」

自分「ボーイフレンドとかはいないの?」

Rixa「もちろんいるわよ!笑 でも、彼とは大学が少し早く終わる日にディナーに一緒に行くくらいかしら」

自分「彼と休日を過ごしたいとは思わないの?」

Rixa「少しは思うけど、まだ結婚とかも全く考えてないしね。まずは、自分のことより妹たち。妹たちがきちんと学業が終えられるようにお金も稼がなくちゃいけないし、お世話もしなくちゃ。自分の夢のために勉強もしたい。だから、そうゆうことはまずは妹たちが学校をきちんと卒業してからしか考えられないかな。」

自分「えらいね。どうしてそこまでできるの?」

Rixa「んー、私は長女だから。フィリピンの人は家族想いの人が多いの。特に長女だと家族に対する責任があるじゃない? 私は、家族に対しても自分に対しても目標や夢があるから、今はそのために仕事と勉強を全力で頑張っているの。」

《Rixa先生の休日 まとめ》

金曜日 23時~     「英語の本を読む」

土曜日 07時~11時  「サッカーの練習」

     11時~12時   「昼食をとりながらペットと憩いの時間」

     12時~     「妹に勉強を教えたりお世話をしたり」

非常に明るく礼儀正しいRixa先生ですが、とても家族想いで自分にも家族にも熱い思いを持っているのがひしひしと伝わってきました。

長女が家族に対して強く責任を感じる文化は、日本にも根強くありますが、
ここまでできる人達は、年々減ってきている気もします。

日本は、確かに学校へ行ける環境もある程度整っており、非常に豊かになりましたが
その分こういった温かみを感じる機会も少なくなったのかもしれませんね。

まさか、休日のインタビューをしてこんなに家族愛に触れると思っていなかったので、
思わずほっこりしてしまいました。笑

英語をしゃべれるようになるという夢をお持ちの方、Rixa先生と一緒にその夢に向かって努力してみてはいかがしょうか?

《ラングリッチ Rixa先生プロフィール画面》

Topへ戻る