英会話を聞く時に行うと、リスニング力がグンと上がるテク5つ

2014

08

25

こんにちは。ラングリッチ教育企画部です。

よく、英会話を100時間以上聞けば英語が聞き取れるようになると言われますね。確かに英語を長時間聞くことで、耳が英語に慣れることはあります。しかし実際にただただ聞き流すだけでは、そんなに効果はでません。では、本当に意味や発音が分かるようになるリスニング力の上げ方にはどんな方法があるのでしょうか?

リスニング力を上げる簡単なコツとは?

1. 分からない発音を調べる
聞き取れなかったり、勘違いしてしまったり、単語をそのままにしておいては、いつまでたってもその単語は聞き取れません。そのため、まずは聞き取れなかった単語の発音記号を辞書で調べましょう。その後、特に聞き取れなかった発音記号をテキストなどで確認し、特徴や発音の仕方を学びます。

また勘違いしやすい“r”や“l”なども、間違えるたびにそれぞれの音の特徴をテキストなどで再度確認していきましょう。

2. 強弱を理解する
リスニングで聞こえない、と感じるのは単語だけではありません。英語は日本語にない発音の強弱やリズムがあります。ですから、その強弱やリズムを理解しておくことが重要となるのです。例えば“This is a pen”といった単調な文の中でも、“is a”はあまり重要ではないので弱く発音されます。人によってはほとんど聞き取れないほどに弱い音になることもあるでしょう。

そのため、リスニングの際は発音が強い音に注目しましょう。すると聞き取りやすいだけでなく、相手が言っている意味や意図が分かるようになります。

3. 冠詞にも注意を払う
強弱とともに気をつけたいのが冠詞です。英語には名詞と結びついて、後続の名詞を説明するという冠詞があります。そしてそれはくっきり発音されるわけではなく“an apple”が“a napple”といったように聞こえるなど、名詞とくっついた形で発音されることが通常なのです。単語、特に名詞には冠詞がつくという意識を持って気をつけましょう。

4. 分からなかった部分を何度も聞き返す
聞き取れなかった音は発音記号を調べ、冠詞がついたために聞こえなかったなどの理由を理解したら、何度も何度も聞き直しましょう。そして同じ単語や言葉が、違う教材や場所で聞き取れるようになるまで完璧にしましょう。

5. 自身での発音も忘れずに
音がきちんと聞こえるようになるには、自分自身もちゃんと発音できるようにならなくてはいけません。そのため聞き取れない音を何度も聞くとともに、発音する練習も加えましょう。

最後に

英語学習は、楽に行ってしまっては身につきません。分からないところはうやむやにせず、時間をかけて丁寧に勉強をして、リスニング力を上げていきましょう。
こちらのブログ記事では、YouTubeなどの動画サイトで楽しくリスニング力を上げる方法を紹介しています。ぜひご覧ください。「今すぐ始められる! オンラインで英会話力を磨く勉強法」

Topへ戻る