世界が舞台!浅田真央選手に習うチャーミングな英語

2014

02

07

こんにちは。ラングリッチ教育企画部です。

日本国民から絶大な人気で愛されている、フィギュアスケートの浅田真央選手。

過去には外国人コーチのもと、カリフォルニアやロシアを拠点にトレーニングを積んでおり、
現在も外国人の振付師の指導をうけています。毎日の練習において、
英語から離れることはきっとないのではないかと思います。

そこで今回は、世界の舞台で活躍する彼女の英語についてご紹介させて頂きます。

ツールとしての英語

まず、浅田選手が英語でインタビューを受けている動画をこちらからご覧ください。
こちらは2007年のものです。

終始笑顔で答える浅田選手。その受け答えの様子が、
日本語の時と同じくとても好感が持てますよね。

インタビュアーの英語もしっかり理解していて、
一生懸命考えながら答えようとしているのが伝わってきます。

次に、2008年時の動画をこちらからご覧ください。

こちらでも、”I was very happy””I am a little bit sad”といった
シンプルな表現を使っていますが、きちんと受け答えできています。

先ほどの2007年の動画と比べて、英語も少しだけスムースになってきてますよね。

こちらでも終始笑顔で、とてもかわいく、チャーミングな雰囲気が伝わってきます。
おそらく英語での会話の流れに慣れているのでしょう。

浅田選手のコミュニケーション力

彼女の英語がチャーミングにうつるのは、英語力というよりは、
コミュニケーション能力が長けているというところにつきると思います。

浅田選手の英語力だけを見ると、決して「マスターしている」とは言えません。
自然と流暢に、英語がすらすらと出てくるレベルにはまだ達していないと思います。

しかし、相手に聞かれたことをどれだけ理解して、
自分の言いたい事をきちんと表現できるというところに、コミュニケーションの本質があるのです。

英語を学習するにあたって、語学力そのものの問題ではなく、
人と人のコミュニケーション能力も必要になってくることはあります。

それは、何度も練習することによって培ってくる部分があります。場数を踏めば、慣れてくるのです。

浅田選手はきっと、日々のトレーニングで色んな人と出会い、
様々な国籍の選手やスタッフと、英語で会話をして意思疎通をはかることで
コミュニケーション力をつけていったのだと思います。

チャーミングな英語を喋るために英会話の練習は不可欠

浅田選手の英語インタビューをもとに考察してきましたが、
英語力というのは言語そのものだけではなく、
コミュニケーション力や人間力が関わってくるのだと思います。

ですので、英語を使った会話の練習をとにかく積んで、慣れることが重要です。

その為にも、ラングリッチのオンライン英会話をできるだけ毎日利用することをオススメします。

できるだけ多く英会話をすることで英語でのコミュニケーションに早くなれることができますよ。

毎日の英語のコミュニケーションを通して、
浅田選手のような相手に好印象を抱かせる英語を是非身につけてくださいね。

Topへ戻る