海外での観光時に言いたいことが言える!知っておくと便利な英会話表現

2014

09

16

こんにちは。ラングリッチ教育企画部です。

英語を勉強するようになると、海外に行きたいという気持ちになりますよね。そして海外といえば、やっぱり回りたくなるのが観光地。しかし実際に観光地に行くと、「こう言いたいのになんと英語でなんと言っていいかわからない」といったジレンマに陥ることがあるでしょう。今回は、そんな時に使える英語表現を学びましょう。

観光の際に使える英語表現4つ

1.“Could you take a picture of me?”「写真を撮ってもらえますか?」
その場にいる人にお願いする場合は、丁寧な依頼表現である“Could you〜?”を使います。
もう1枚撮ってもらいたい時は“One more, please.”「もう1枚お願いします」と言いましょう。

逆に困っている人には“Shall I take a picture for you?”「あなたの写真を撮りましょうか?」と聞いてあげると親切ですね。

2.“Can I buy any tickets for today?”「今日の分のチケットは購入できますか?」
観光スポットでチケットが必要な時は「〜できる」という意味の“Can I〜?”を使います。チケットがあると言われた場合は“Two, please.”「2枚下さい」などと枚数を伝えましょう。入場料が分からない場合は“How much is the fee?”「入場料はいくらですか? 」と聞きます。

3.“Where is the tourist information center?”「観光案内所はどこですか?」
街の地図や地下鉄・バスなどの路線図がもらえるので観光時にとっても便利な観光案内所。道を上記のように尋ねて実際に訪れたら、“May I have a city map?”「街の地図を頂けますか?」、“Do you have a coupon booklet?”「クーポンの冊子はありますか?」などと聞いてみましょう。また、スタッフに“Where is your recommended sightseeing spot?”「あなたのオススメの観光地はどこですか?」と聞いてみても良いですね。

4.“Can I sit here?”「ここに座ってもいいですか?」
観光地では劇やコンサート、スポーツ観戦などに行くこともあるでしょう。特に席が決まっていない時に覚えておくと便利な表現です。丁寧に伝えたい場合は“Do you mind 〜?”「〜しても良いですか?」を使い、“Do you mind if I sit here?”「ここに座っても良いですか?」と伝えます。

また、コンサート会場などでは禁煙の場合も多いので、喫煙する方は“Is there a smoking area?”「喫煙場所はありますか?」、“May I smoke here?” 「タバコを吸ってもいいですか?」といった表現を覚えておくのも便利です。

最後に

知らない人にお願いしたり、訊ねたりするのは勇気がいることですが、こういった表現をきちんと覚え、いったん質問してしまえば大丈夫です。また、何かを聞きたい時はまず一番始めに“Excuse me,”「すみません」と必ず言うようにしましょう。

Topへ戻る