外国人用の日本語教材を聞いて実感!リスニングは無料で生の英語にたくさん触れるべき!

2014

02

03

こんにちは。ラングリッチ教育企画部です。

今回はリスニングについてのお話です。
一般的なリスニング教材の英語はある程度聞き取れるけど、
実際に生の英語を聞くとなかなか聞き取れない…ということはありませんか。

それもそのはず、リスニング教材の英語は、
しっかりと録音された非常に聞き取りやすい英語になっているからです。

日本語で聞いてみるとこんな感じ!

リスニング用の教材で使われる英語はキレイすぎて生の英語とは全然違う!
それを理解するために、日本語学習者用のリスニング教材を聞いてみましょう!
(0:19から日本語のリスニングになります。)

どのように感じましたか?
「ゆっくりすぎる!」「実際のニュースではこんな天気予報じゃない!」
恐らく、このような印象を受けたかと思います。
こういったリスニング教材は、とても聞き取りやすいため、基礎を固めるのに適しています。

しかし、実際にこんなにゆっくりと話すことってないですよね。

それは、英語でもまったく同じことなんです。
一般的なリスニング教材だけを使っていて、それなりに聞き取れるようになっても、
いざ外国人と会話した時、相手が何を言っているか全然聞き取れなかった…なんてことも。

じゃあどんなリスニング教材を使うべき?

学習者用のリスニング教材ではなく、実際に使われている生の英語を聞くことが重要です。
英語のドラマを観ると、カジュアルな日常会話の英語を聞くことができますが、
過激な言い回しが出てくることもよくあります。

そこでオススメなのが、やはり英語のニュースです!
人に伝えるための正しい英語に触れることができますよ。
また、インタビューの映像・音源が流れることもよくあり、
一般人の生の英語を聞くこともできます。これは日本のニュースも一緒ですよね!

だからこそ、英語のニュースは、リスニング教材として、とてもふさわしいと言えます。

ラングリッチの教材には生の英語があふれています!
しかも無料で!

ラングリッチでは無料で利用できるニュース教材として、
『ニュースで英会話』や『VOAニュースレッスン』『CNNニュースレッスン』『TED』
『ビジネスニュース』など豊富な教材を用意しています。
もちろん音源付きで、生の英語に触れるにはバッチリです。

今ラングリッチで無料で聞ける最新のニューステーマには、ニュースで英会話には「田中将大投手 ヤンキースへ」やVOAニュースレッスンには「2013年の日本とアメリカの株価の動き」などがありますよ。

ニュース教材の詳細はコチラ

Topへ戻る