田中将大投手のヤンキース移籍ニュース動画から学ぶ!使える英語表現

2014

02

21

こんにちは。ラングリッチ教育企画部です。

昨年の日本シリーズで、開幕から24連勝を重ねて楽天を初の優勝に導いた田中将大投手。
ニューヨーク・ヤンキースと7年契約で年俸総額1億5,500万ドルの
大型契約を結んだことでも大きな話題になりました。

先日の入団会見をご覧になった方も多いかと思います。

アメリカのメディアも田中投手の活躍には非常に注目しており、契約成立は大きな話題になりました。
今回は、そんな田中投手がヤンキースとの合意に至ったことを伝える英語ニュースから使える表現を学んでみましょう。

まずは、以下の文字をクリックして、ニュース音声をお聞きください。

TANAKA REACHES DEAL WITH YANKEES (田中将大投手 ヤンキースへ)
※動画や音声をご利用するには「NHKマイ語学」への会員登録(無料)・ログインが必要です。

使える英語表現をピックアップ

現地の人たちが田中投手に大いに期待していることが伝わってくるニュースでしたね。

ここから実際にニュース内で使われている英語表現を学んでいきます。

今回のニュースには、簡単なのに使いまわしができる便利な英語がたくさん出てきます。
まずは口に出して一つずつ覚えていきましょう!

“ celebrate A with B ” ⇒ AをBで祝う

何か嬉しいことを祝うときに使う表現です。

“ celebrate A(人) ”“ celebrate B(モノ/コト) ”だけでも使うことができますが、
“ with ”を用いることで祝いたい内容をより具体的に表すことができます。

ニュース内では、
“ One of the most successful Japanese pro baseball players is
celebrating another milestone with a new team. ”

「日本のプロ野球で最も良い成績を上げた選手の1人が、
新しいチームに入ることでさらなる快挙を祝っています。」

と使われています。

“ milestone ”は直訳すると「(人生における)画期的な出来事」。
ここでは田中投手がヤンキースに入ることを指しています。

“ the ○th +〔最上級〕+ … ” ⇒  ○番目に〔最上級〕な…

一番大きい、という時に“ the 〔最上級〕”を使うことはご存じの方が多いと思いますが、
「○番目に」と言いたい時は序数をつけます。

例えば「2番目に大きい」なら“ the second largest ”
「4番目に美しい」なら“ the fourth most beautiful ”です。

ニュース内では、
“ He’s now the fifth most expensive pitcher in the history of
the U.S. Major Leagues and the most expensive from Japan. ”

「彼は今や、米国のメジャーリーグで史上5番目に高額で
日本人選手としては最高額の投手となりました。」
と使われています。

※『NHKニュースで英会話』で記載されている和訳表現は前後の文脈を
組んでのものになりますので、上記のような単文の和訳表現とは多少異なる箇所がございます。

“ It’s worth ~ ” ⇒ ~の価値がある

ものの価値を表現したい時に使える表現です。
この表現は、覚えておくとかなり使いまわすことができます。

例えば、後ろに金額が来ると「○円の価値がある」となりますし、
単に“ It’s worth it. ”と言っても「それだけの価値がある」というような意味で使うことができます。

応用としまして、“ It’s worth a try. ”「試してみる価値はあるね」と言うことも可能です。

ニュース内では、
“ It’s reportedly worth 155 million dollars. ”
「(契約額は)伝えられるところでは、1億5,500万ドル相当になると伝えられています。」

と、いわば田中投手の価値について述べています。
便利な表現ですのでぜひ覚えて使ってみてください。

“ in a row ” ⇒ 一列に並んで、連続して

“ row ”は人や物が並んだ「列」のこと。

“ in a row ”は文字通り「一列に並んで」という意味になりますが、
そこから派生して「連続して」という意味でも用いられます。
※同じ意味として、“ in series ”もよく使われます。

ニュース内では、
“ He set a Japanese pro record last year by winning 24 games in a row. ”
田中投手は去年、24試合連続勝利して日本のプロ(野球)記録を作りました。
と使われています。

“ contribute to ~ ”  ⇒ 貢献する、寄与する

田中投手のコメントの英訳中に出てきましたね。
実際の発言(日本語)でも、
「チームの勝利に貢献できるよう投球ができれば良いと思う」と語っていました。

所信表明などでよく使われる「~に貢献する」は、英語だと“ contribute to ~ ”です。

ニュース内では、
“ I hope my pitching contributes to the team’s victory. ”
自分の投球が球団の勝利に貢献できればと思っています。
と使われています。

これも便利な表現なので、きちんと覚えて使いたいですね。

英語のニュースを学習に活用しよう!

英語学習にあたり、日本のニュースを英語で聞くことは、大体の意味を事前に把握しているので
一般的なリスニング教材よりも理解しやすい事も多くオススメです。

ラングリッチの教材には、ニュースレッスンとして、様々なニュースを用意しています。
もちろん、今回の田中投手のニュースも聞くことができます。

マイページにあります「今月のニュースレッスン」の「NHK」カテゴリから確認できますので、
是非ご活用ください。

Topへ戻る