書いて覚える派の方は必見!「筆記記憶法」で語彙力アップ!

2014

03

18

こんにちは。ラングリッチ教育企画部です。

英単語の暗記に限らず、「暗記が必要なものはひたすら書いて覚える」
という方も多いのではないでしょうか?
書いて覚えることは「筆記記憶法」と呼ばれており、立派な暗記方法の1つなのです。

今回はこの「筆記記憶法」をご紹介させて頂きます。

書いて覚えることは効率的

まず、暗記の方法は人によっても様々ですが、以下のような方法が挙げられると思います。
目で見る/手で書く/声に出して読む/耳で聴く などです。
上記のいくつかの方法を組み合わせて覚えることもありますね。
いずれの方法を使ったとしても、脳を活性化した状態に持っていくことがとても重要です。

特に英単語の場合は、発音や意味だけではなくスペルも同時に覚えてしまいたいものです。
そのためには「筆記記憶法」が有効になります。

手は多数の神経細胞が集まる場所で、その神経は脳にリンクしています。
実際に、手は第二の脳と呼ばれているほどです。

また、文字を書いている最中に頭で理解をするため、より深い記憶が可能となるのです。
書いて覚えるということは、目で見たり耳で聴いたりするだけの記憶方法よりも時間がかかると思われがちです。

しかし書いて覚える場合の方が、より多くの神経細胞を使うため、記憶への定着率が良く、
トータル的に見ると効率的に且つスピーディに暗記ができます。

「筆記記憶法」における3つのポイント

①とにかく書く
「筆記記憶法」のポイントはいたってシンプルです。ずばり、とにかく覚えるまで繰り返し書くことです。
チラシの裏でもノートの残りでも、とにかく何度も何度も書きます。
字は汚くても問題ありません。ただ一つ注意したいのが、間違って覚えてしまうことがないよう、
書き始めは英単語であればスペルをよく確認しながら書いてください。

このとき同時に声に出して読みながら書く、ということも記憶の定着を高めるので、合わせて実行することをおすすめします。

②関連付けながら覚える
これは「筆記記憶法」に限らず、全般的に言えることですが、
何かを覚えるときには一つ一つを独立させて覚えるのではなく、それぞれを関連づけて覚えることが有効です。

覚えやすくなる、というよりは思い出しやすくなるのです。
自身が受験生だった時代を思い出すと、例えば歴史の勉強をする際は
出来事の因果関係や、同じ時代に別の場所で起きていた出来事なども合わせて暗記するようにしていませんでしたでしょうか。

英単語や漢字などであれば、語源や意味のカテゴリなどが一緒のものをグループ化して覚えると良いと思います。

③復習をして記憶をしっかり定着させる
記憶を定着させたい場合は、とにかく書いて覚えた内容を
1日後、3日後、1週間後に確認テストを行うことが最も効率的です。

そうすることで、より記憶の定着度が高まります。毎日同じ内容を復習するよりも
1日後、3日後、1週間後、1か月後と次第に間隔を伸ばして、復習の確認テストをする方が効果的と言われています。

過去の記事でもこの事についてご紹介していますので、よければご覧ください。
『英語学習は復習がキモ!脳の仕組みを活用した記憶法』

暗記方法には人それぞれの方法があるかと思いますが
「筆記記憶法」は脳の活性化においても有効な記憶方法の1つと言えます。

だからこそ、「書く」という行為が英語学習においては大切になってきますので
自分の手に馴染んですらすらと書き進められるようなアイテムがあれば心強いですよね。
そこで、お気に入りのものなら暗記もはかどるかも!ということで
筆記におけるおすすめ文房具を最後に軽くご紹介します。

「筆記記憶法」におすすめの文房具

◆ボールペン

【三菱鉛筆】 ジェットストリーム
「クセになる、なめらかな書き味」と大人気です!


【パイロット】フリクションボール
書いた文字を消すことのできる画期的なボールペンです!


◆シャーペン

【三菱鉛筆】クルトガ シャープ
芯が回ってトガリ続けるので、細い文字で書き続けることができ、ノートもすっきり見やすくなります!


【LAMY】サファリ
高いデザイン性と日常使いに耐える実用性を兼ね備えた本格派ボールペンです!

◆ノート

【MOLESKINE】ルールドノートブック
ゴッホ、ピカソ、ヘミングウェイやチャトウィンなどの芸術家や思想家に愛されてきた伝説的ノートブックです!



【アピカ】Premium C.D.NOTEBOOK
シルクのような、なめらかな書き心地が人気の大人のためのノートです!


最後に

英語を習得した方と話をしていて英会話上達のコツを聞いてみると
みなさんが共通して言うのが、やはり語彙力が大切ということです。

語彙力が向上すれば、スピーキングだけでなく、リスニングもレベルアップしていくので一気に英会話に自信を持てるようになるとのこと。

書いて覚えるという事は、なかなか手間も時間もかかる作業ではありますが、英語学習における効果は期待できると思います。
是非とも今回ご紹介しました「筆記記憶法」を試してみてはいかがでしょうか。


オンライン英会話 ラングリッチに無料会員登録する

Topへ戻る