最初の5分を制する者はオンライン英会話を制する!英語で言える雑談シリーズ④

2014

05

22

今回は「過去の自分」について

こんにちは。ラングリッチ教育企画部です。

緊張しがちなオンライン英会話ですが、始めの5分間に雑談タイムを設け、気持ちをほぐしてからレッスンを始めようというシリーズ企画、第4回目のテーマは「自分の過去」です。
過去という、自分の新たな一面をさらし出すことで講師との距離が縮まり、さらにアクティブなレッスンになるはずです。

慣用句として覚えておきたい自分の過去を紹介する英文8選

①“ I used to be very shy of strangers before but now I love to talk to people. ”
「昔は人見知りだったのですが、今は人と話すのが大好きです。」
“ shy of strangers ”「人見知りする」
“ I used to be〜 ”「以前は~だった」
※自己紹介や人物紹介はもちろん、主語を置き換えることで「以前は公園だった」など、場所の説明にも用いられるフレーズです。

②“ When I was in high school,my soccer team participated the national tournament. ”
「高校の時に、サッカーで全国大会に出たことがあります。」
“ participated the national tournament ”「全国大会に出場した」

③“ In a college,I played with my friends every day. ”
「大学では、毎日友だちと遊んでいました。」
“ In a college ”「大学で、在学中」

④“ My prior occupation was a realtor. ”
「私の前職は不動産の営業でした。」
“ occupation ”「職業」
前出の“ I used to be ”を使用して、
“ I used to be in the real estate business. ”と表現することも可能です。

⑤“ My previous employer was a large company with more than 1000 employees. ”
「前の会社は、社員数が1000人以上いる大企業でした。」
“ previous ”「前の、以前の」

⑥“ The company I worked for following graduation went bankrupt soon after. ”
「新卒で入社した会社は、すぐに倒産してしましました。」
“ The company I worked for following graduation ”「新卒で入社した会社」
“ went bankrupt ”「倒産した」

⑦“ I joined current company 3 years ago. ”
「今の会社には3年前に入社しました。」
“ join ”「(組織などに)加わる」
※例文では会社に加わることから「入社」を意味します。
“ current ”「現在の」

“ I have been with my current company for three years.”
「3年間ずっと今の会社で働いています。」という表現の仕方もできます。

⑧“ I changed my job for a better career. ”
「ステップアップのために転職しました。」
“a better career ”「より良いキャリア」
“ a ”を忘れないように注意が必要です。

最後に

自分が今までどんな歩みを経てきたかは、会話を通さなければ、相手に知らせることのできない一面です。それだけに自分の過去を伝えることは、相手との信頼関係を築く第一歩とも言えるのではないでしょうか。

ラングリッチの講師にも、自分がどんな人生を送ってきたかをうまく伝えて、レッスン前の雑談を盛り上げてみてはいかがでしょうか。

Topへ戻る