英会話をする時に行うと、英語力がみるみる上達するポイント4つ

2014

08

29

こんにちは。ラングリッチ教育企画部です。

英会話を上達させるためには、とにかくネイティブと話し、同じく向上心のある日本人同士で英語を話してみるなど、英語のアウトプットが大事です。

しかしいざ英会話をするとなると、言葉が口から出なかったり、相づちを打っただけで終わったり……、結局何も身につかなかったという方も多いのではないでしょうか?

そんな時に困らないよう、英会話をする際の心構えをご紹介します。

英会話はコレをすれば上達する!

1. 分からない時は素直に「何て言ったの?」と聞く
英会話で一番してはいけないことは、相手が何を言っているのかが分からないのに、そのまま適当に相づちを打ってしまうことです。それではまったく英語の勉強にはなりませんし、分かっていないのに返事をすることは相手にも失礼となります。

分からない場合は「もう一度言ってもらえますか?」という意味の“I beg your pardon?”・
“Excuse me?”・“Can you say it again?”などを、きちんと恥ずかしがらずに伝えましょう

2. 難しい英文を使おうとしない
英語を話す時は文法、単語、発音のすべてを完璧にしたいと思いますよね。しかしその思いが強いあまりに、プレッシャーになって頭で考え過ぎて、会話がスムーズにいかないということに……。

そうならないためにも、無理に難しい単語や表現を使おうとはせず、シンプルな表現を使うようにしてみましょう。

3. 相手の言ったことを繰り返す
ネイティブと会話をする際に、ただ相手の英語を聞いて自分の考えを答える方が多いと思います。しかし英会話を上達させる人は、それだけでなく、相手の英語を心の中で反復し、繰り返して言うことで自分のものにしていくのです。

4. テキストを使う
まだまだ言いたいことが言えない、英会話になるとあがってしまう、そんな方はテキストを用意しておきましょう。特にラングリッチではレッスンで使える英語教材が豊富にあり、また自己紹介や挨拶から質問や相づち、聞き返しやトラブルなど、様々なシーンに対応できる英語が学べます

テキストの言葉を講師との会話の中で積極的に、何度も使うことで、最終的には考えなくてもすらすらと口から出るようになるでしょう。

最後に

英会話をすればすぐに英語力が上がる、と思う方は多いです。しかし、相手の英語をただ聞き流すのと、その中からいかに吸収しようと集中しているのとでは、英語力の上がり方に大きな違いが生じてきます。

皆さんも、きちんとした心構えを持つことで効率的に英語力を上げるようにしましょう。

Topへ戻る