NEWS LESSON / IN JAPAN YOUNG FACE GENERATIONAL ROADBLOCKS(日本の若者は世代の障害に阻まれている)

2011

12

24

(The New York Times) In Japan, Young Face Generational Roadblocks

*There is the Japanese transcript below the English Script

Script

(1) TOKYO — Kenichi Horie was a promising auto engineer, exactly the sort of youthful talent Japan needs to maintain its edge over hungry Korean and Chinese rivals. As a worker in his early 30s at a major carmaker, Mr. Horie won praise for his design work on advanced biofuel systems.

But like many young Japanese, he was a so-called irregular worker, kept on a temporary staff contract with little of the job security and half the salary of the “regular” employees, most of them workers in their late 40s or older. After more than a decade of trying to gain regular status, Mr. Horie finally quit — not just the temporary jobs, but Japan altogether.

He moved to Taiwan two years ago to study Chinese.

“Japanese companies are wasting the young generations to protect older workers,” said Mr. Horie, now 36. “In Japan, they closed the doors on me. In Taiwan, they tell me I have a perfect résumé.”

(2) As this fading economic superpower rapidly grays, it desperately needs to increase productivity and unleash the entrepreneurial energies of its shrinking number of younger people. But Japan seems to be doing just the opposite. This has contributed to weak growth and mounting pension obligations, major reasons Standard & Poor’s downgraded Japan’s sovereign debt rating on Thursday.

“There is a feeling among young generations that no matter how hard we try, we can’t get ahead,” said Shigeyuki Jo, 36, co-author of “The Truth of Generational Inequalities.” “Every avenue seems to be blocked, like we’re butting our heads against a wall.”

An aging population is clogging the nation’s economy with the vested interests of older generations, young people and social experts warn, making an already hierarchical society even more rigid and conservative. The result is that Japan is holding back and marginalizing its youth at a time when it actually needs them to help create the new products, companies and industries that a mature economy requires to grow.

A nation that produced Sony, Toyota and Honda has failed in recent decades to nurture young entrepreneurs, and the game-changing companies that they can create, like Google or Apple — each started by entrepreneurs in their 20s.

(3) Employment figures underscore the second-class status of many younger Japanese. While Japan’s decades of stagnation have increased the number of irregular jobs across all age groups, the young have been hit the hardest.

Last year, 45 percent of those ages 15 to 24 in the work force held irregular jobs, up from 17.2 percent in 1988 and as much as twice the rate among workers in older age groups, who cling tenaciously to the old ways. Japan’s news media are now filled with grim accounts of how university seniors face a second “ice age” in the job market, with just 56.7 percent receiving job offers before graduation as of October 2010 — an all-time low.

“Japan has the worst generational inequality in the world,” said Manabu Shimasawa, a professor of social policy at Akita University who has written extensively on such inequalities. “Japan has lost its vitality because the older generations don’t step aside, allowing the young generations a chance to take new challenges and grow.”

(4) Disparities and Dangers

While many nations have aging populations, Japan’s demographic crisis is truly dire, with forecasts showing that 40 percent of the population will be 65 and over by 2055. Some of the consequences have been long foreseen, like deflation: as more Japanese retire and live off their savings, they spend less, further depressing Japan’s anemic levels of domestic consumption. But a less anticipated outcome has been the appearance of generational inequalities.

These disparities manifest themselves in many ways. As Mr. Horie discovered, there are corporations that hire all too many young people for low-paying, dead-end jobs — in effect, forcing them to shoulder the costs of preserving cushier jobs for older employees. Others point to an underfinanced pension system so skewed in favor of older Japanese that many younger workers simply refuse to pay; a “silver democracy” that spends far more on the elderly than on education and child care — an issue that is familiar to Americans; and outdated hiring practices that have created a new “lost generation” of disenfranchised youth.

(5) Nagisa Inoue, a senior at Tokyo’s Meiji University, said she was considering paying for a fifth year at her university rather than graduating without a job, an outcome that in Japan’s rigid job market might permanently taint her chances of ever getting a higher-paying corporate job. That is because Japanese companies, even when they do offer stable, regular jobs, prefer to give them only to new graduates, who are seen as the more malleable candidates for molding into Japan’s corporate culture.

And the irony, Ms. Inoue said, is that she does not even want to work at a big corporation. She would rather join a nonprofit environmental group, but that would also exclude her from getting a so-called regular job.

(6) “I’d rather have the freedom to try different things,” said Ms. Inoue, 22. “But in Japan, the costs of doing something different are just too high.”

Many social experts say a grim economy has added to the pressures to conform to Japan’s outdated, one-size-fits-all employment system. An online survey by students at Meiji University of people across Japan ages 18 to 22 found that two-thirds felt that youths did not take risks or new challenges, and that they instead had become a generation of “introverts” who were content or at least resigned to living a life without ambition.

(7) “There is a mismatch between the old system and the young generations,” said Yuki Honda, a professor of education at the University of Tokyo. “Many young Japanese don’t want the same work-dominated lifestyles of their parents’ generation, but they have no choices.”

Facing a rising public uproar, the Welfare Ministry responded late last year by advising employers to recognize someone as a new graduate for up to three years after graduation. It also offers subsidies of up to 1.8 million yen, or about $22,000 per person, to large companies that offer so-called regular jobs to new graduates.

But perhaps nowhere are the roadblocks to youthful enterprise so evident, and the consequences to the Japanese economy so dire, as in the failure of entrepreneurship.

(8) The nation had just 19 initial public offerings in 2009, according to Tokyo-based Next Company, compared with 66 in the United States. More telling is that even Japan’s entrepreneurs are predominantly from older generations: according to the Trade Ministry, just 9.1 percent of Japanese entrepreneurs in 2002 were in their 20s, compared with 25 percent in the United States.

“Japan has become a zero-sum game,” said Yuichiro Itakura, a failed Internet entrepreneur who wrote a book about his experience. “Established interests are afraid a young newcomer will steal what they have, so they won’t do business with him.”

Many Japanese economists and policy makers have long talked of fostering entrepreneurship as the best remedy for Japan’s economic ills. And it is an idea that has a historical precedent here: as the nation rose from the ashes of World War II, young Japanese entrepreneurs produced a host of daring start-ups that overturned entire global industries.

(9) Entrepreneur’s Rise and Fall

But many here say that Japan’s economy has ossified since its glory days, and that the nation now produces few if any such innovative companies. To understand why, many here point to the fate of one of the nation’s best-known Internet tycoons, Takafumi Horie.

When he burst onto the national scene early in the last decade, he was the most un-Japanese of business figures: an impish young man in his early 30s who wore T-shirts into boardrooms, brazenly flouted the rules by starting hostile takeovers and captured an era when a rejuvenated Japanese economy seemed to finally be rebounding. He was arrested five years ago and accused of securities fraud in what seemed a classic case of comeuppance, with the news media demonizing him as a symbol of an unsavory, freewheeling American-style capitalism.

In 2007, a court found him guilty of falsifying company records, a ruling that he is appealing. But in dozens of interviews, young Japanese brought him up again and again as a way of explaining their generation’s malaise. To them, he symbolized something very different: a youthful challenger who was crushed by a reactionary status quo. His arrest, they said, was a warning to all of them not to rock the boat.

“It was a message that it is better to quietly and obediently follow the established conservative order,” Mr. Horie, now 37, wrote in an e-mail.

(10) He remains for many a popular, if almost subversive figure in Japan, where he is once again making waves by unrepentantly battling the charges in court, instead of meekly accepting the judgment, as do most of those arrested. He now has more than a half-million followers on Twitter, more than the prime minister, and publicly urges people to challenge the system.

“Horie has been the closest thing we had to a role model,” said Noritoshi Furuichi, a 25-year-old graduate student at the University of Tokyo who wrote a book about how young Japanese were able to remain happy while losing hope. “He represents a struggle between old Japan and new Japan.”

Mr. Furuichi and many other young Japanese say that young people here do not react with anger or protest, instead blaming themselves and dropping out, or with an almost cheerful resignation, trying to find contentment with horizons that are far more limited than their parents’.

(11) In such an atmosphere, young politicians say it is hard to mobilize their generation to get interested in politics.

Ryohei Takahashi was a young city council member in the Tokyo suburb of Ichikawa who joined a group of other young politicians and activists in issuing a “Youth Manifesto,” which urged younger Japanese to stand up for their interests.

In late 2009, he made a bid to become the city’s mayor on a platform of shifting more spending toward young families and education. However, few younger people showed an interest in voting, and he ended up trying to cater to the city’s most powerful voting blocs: retirees and local industries like construction, all dominated by leaders in their 50s and 60s.

“Aging just further empowers older generations,” said Mr. Takahashi, 33. “In sheer numbers, they win hands down.”

He lost the election, which he called a painful lesson that Japan was becoming a “silver democracy,” where most budgets and spending heavily favored older generations.

(12) Social experts say the need to cut soaring budget deficits means that younger Japanese will never receive the level of benefits enjoyed by retirees today. Calculations show that a child born today can expect to receive up to $1.2 million less in pensions, health care and other government spending over the course of his life than someone retired today; in the national pension system alone, this gap reaches into the hundreds of thousands of dollars.

Abandoning the System

The result is that young Japanese are fleeing the program in droves: half of workers below the age of 35 now fail to make their legally mandated payments, even though that means they must face the future with no pension at all. “In France, the young people take to the streets,” Mr. Takahashi said. “In Japan, they just don’t pay.”

Or they drop out, as did many in Japan’s first “lost generation” a decade ago.

(13) One was Kyoko, who was afraid to give her last name for fear it would further damage her job prospects. Almost a decade ago, when she was a junior at Waseda University here, she was expected to follow postwar Japan’s well-trodden path to success by finding a job at a top corporation. She said she started off on the right foot, trying to appear enthusiastic at interviews without being strongly opinionated — the balance that appeals to Japanese employers, who seek hard-working conformists.

But after interviewing at 10 companies, she said she suffered a minor nervous breakdown, and stopped. She said she realized that she did not want to become an overworked corporate warrior like her father.

By failing to get such a job before graduating, Kyoko was forced to join the ranks of the “freeters” — an underclass of young people who hold transient, lower-paying irregular jobs. Since graduating in 2004 she has held six jobs, none of them paying unemployment insurance, pension or a monthly salary of more than 150,000 yen, or about $1,800.

“I realized that wasn’t who I wanted to be,” recalled Kyoko, now 29. “But why has being myself cost me so dearly?”

 

日本語訳

NYTimes 「日本の若者は世代の障害に阻まれている」

(1) 東京 ― ホリエケンイチは有能な自動車エンジニアだった。日本ではこのような若い人材が、ハングリー精神あふれるライバルの中国や韓国と渡り合い、現在の地位を保つために必要とされている。30代前半のとき、彼は主要自動車会社に勤めており、先進的バイオ燃料のデザインによって評価を得ていた。

しかし、多くの日本人のように、彼は非正規労働者だった。時限付き(temporary)契約のもとで、雇用保障もほとんど無く、そのほとんどが40代後半である正規労働者に比べて半分の給料しかもらっていなかった。彼は10年以上正規労働者になろうと努力したが、ついに辞めた。時限付き契約だけではなく、日本そのものを、である。

2年前、彼は中国語を習うために台湾に移り住んだ。

ホリエは語る。「日本の会社は年老いた労働者を守るために若い世代を浪費している。日本では私の道は閉ざされている。台湾では私の履歴書は完璧だと言われた」

(2) 経済大国としての地位が揺らぐ中、日本は努めて、減ってゆく若い世代の生産性と起業精神を解放しなければならない。しかし日本はまさに正反対を行っているように見える。その結果、成長は衰え、年金問題を増加させ、この木曜日にスタンダード&プアーズが日本国債の格付けを下げた主な理由の一つとなった。

“The Truth of Generational Inequities” (訳注・『世代間格差ってなんだ』 )の共著者である城繁幸(36)(訳注・http://blog.goo.ne.jp/jyoshige/)は語る。「若い世代の間では、どれだけ自分たちが頑張ろうとも、前に進むことはできないという意識がある。どの道も閉鎖され、頭を壁にぶつけているようなものだ」

年老いてゆく人口が日本の経済を停滞させ、既得権益を貪り、既に階層的な社会構造をより強固に、保守的にしていると、若い人々や専門家は警告する。その結果、日本は座して何もせず、成熟した経済が育てるべき新しい製品や会社や産業を実際に作っていかなければいけない時に若者を過小評価している。

ソニーやトヨタやホンダを作った国は、ここ数十年、若い起業家や社会のゲームを変えるような会社(Google や Apple のような ― どちらも20代が作った会社だ)を育てることに失敗してきている。

(3) 若者の雇用状況は、日本が二流であることを強調している。日本が何十年も停滞した結果、すべての世代で非正規雇用は増えてきているが、若い世代は一番痛くこれを食らっている。

昨年は15歳から24歳までの労働人口のうち、45%が非正規雇用者だった。この数字は1988年には17.2%であった。さらに、より上の年代の非正規雇用者率と比べても2倍近くの数字である。古い世代が古い方法に執拗に固執しているのだ。日本のメディアは日本の第二就職氷河期が深刻かを伝えている。2010年10月時点で、卒業生のうちたったの56.7%しか内定を得ていない。これは過去最低である。

世代間格差について研究してきた秋田大学の島澤諭教授は語る。「日本は世界で一番世代間格差のある国だ。日本が活力を失ったのは、古い世代が道を譲り、新しい世代にチャレンジして成功する機会を与えないからだ」

(4) 格差と危険

多くの国家が高齢化社会にあるが、日本の人口の惨状は本当に酷い。2055年までに40%の人口が65歳以上になるだろうと予想されている。いくつかの結果はずっと予想されていたことだ。例えばデフレである。多くの人が定年し、貯金で生活するようになると、出費を抑え、日本の国内消費の沈滞をさらに強くする。ところが、あまり予想されてこなかった効果として世代間格差の現れがある。

至る所で格差が格差を生んでいる。ホリエが指摘したように、会社が若い労働者を押しなべて低賃金で先の見えない仕事をさせ、結果的に古い世代にラクな仕事を残しておくためのコストを負わせている。またある人が言うところでは、年金制度が古い世代を優遇するようにねじれているため多くの若い労働者は支払いを拒否したり、アメリカ人にも馴染みのある “Silver democracy” (教育よりも高齢者に遥かにお金をかけること)が起こったり、時代遅れの雇用制度が disenfranchised (訳注・直訳では参政権を奪われたという意味らしいが、ここでは特権に預かれないという意味か?)な若いロストジェネレーションを生み出してきている。

(5) 明治大学4年のイノウエナギサは、仕事なしで卒業して給料の高い仕事に就ける機会を永久に失うよりも、大学で5年目を過ごすことを考えているという。これはつまり、日本の会社が、日本の企業文化により順応するとされている新卒ばかりに安定した正規の仕事を与えるからである。

皮肉なことに、イノウエは大企業で働きたいわけではなく、ただ NGO の環境団体に入りたいだけなのだ。しかしそれをすることすら彼女に正規雇用への道を閉ざすのだという。

(6) 「私はただ人と違ったことをすることができる自由が欲しいだけなのです。しかし、人と違ったことをするために支払うコストが大きすぎるのです」

多くの専門家は、厳しい経済情勢によるプレッシャーが日本の “one-size-fits-all” な(型にはまったことしか許さない)雇用システムに加わったと指摘する。明治大学のオンライン調査によると、18歳から22歳の若者のうち3分の2が、リスクを負ったりチャレンジしたりしたくないと感じている。そのかわり、彼らは内向的で、大志を持たずに生きることに満足するか、あるいは少なくとも諦めているという。

(7) 東京大学教育学部の本田由紀は語る。「古いシステムと若い世代にはミスマッチがある。多くの若い日本人が、彼らの親の世代のような仕事一辺倒の生活スタイルを望んでいない。しかし彼らには選択肢がないのだ」

民衆の怒りに反応して、厚生労働省は昨年の終わりに、雇用者に、卒業から3年までを新卒とみなすように通達した。さらに、新卒を採用した会社は最高で180万円の奨励金を出すことにした。

しかしながら、企業精神の不足ほど、若い企業にとっての障害、ひいては日本の経済の悲惨さを顕著に表しているものはないだろう。(訳注・id:oga_jp さんの訳、「恐らく起業の不全こそが、若年事業家の直面する最もあからさまな障壁であり、日本経済の行く末を悲惨にするものである」を参考にしました。ありがとう)

(8) 2009年に日本では株式公開(IPO)が19しか無かった。アメリカでは66だ。さらに、通産省によると、日本の起業家のほとんどが高齢である。2002年には日本の起業家のうち、20代は9.1%しかいなかった。アメリカでは25%だ。

日本の起業家で、自身の経験を元に本を書いた板倉雄一郎(訳注・http://twitter.com/yuichiroitakura)は語る。「日本はゼロサムゲームになってしまった。既得権益を享受する層は、新参者は彼らを狙う盗人であると恐れ、ビジネスをしようとはしないのだ」

多くの日本の経済学者や政策立案者(訳注・policymaker; 政治家ではない)は、起業精神を育てるのが日本の経済の病気への特効薬だと、ずっと主張してきた。これは歴史的前例に基づいていることでもある。日本は戦後の灰の中から、若い起業家が大胆なスタートアップを生み出し、世界を席巻したのだ。

(9)起業家の盛衰

しかし、多くの人々は、日本の経済はその全盛期から骨化してしまい、革新的な会社がもし生まれたとしてもほとんどないことだという。それはなぜかというと、多くの人々は日本で最も知られたインターネットの大君、堀江貴文の悲運を挙げる。

2000年代の初めに彼が突如登場したとき、彼は最も日本的でない人物だった。茶目っ気のある30代の前半で、会議室にTシャツを着てきて、図々しくルールを破り敵対的買収を始め、再び活性化してきつつあった日本の経済がついに飛び跳ねようとしていた時勢に乗った。彼は5年前に、古典的な天罰のように証券詐欺で逮捕され、メディアは彼を不快でやりたい放題のアメリカ式資本主義の象徴として悪者扱いした。

2007年に裁判所は、彼を会社の記録を改竄したとして有罪にした(まだ上告中であるが)。しかし、何人もの若い日本人が、取材中に若い世代の倦怠感を説明するときに堀江を取り上げるのである。彼らにとっては、堀江は別のものを象徴しているのだ(訳注・前段落の「資本主義の象徴」対して)。つまり、保守的な体制に潰された若きチャレンジャーだと。彼らに言わせると、堀江の逮捕は、「ボートを揺らすな」という若い人への警告であったという。

37歳になった堀江はメールで語った。「あれは、伝統が作り上げた秩序に静かに従っていたほうがいいというメッセージだったのだ」

(10) He remains for many a popular, if almost subversive figure in Japan, where he is once again making waves by unrepentantly battling the charges in court, instead of meekly accepting the judgment, as do most of those arrested. (訳注・「判決を素直に受け入れるのではなく、懲りずに戦い続け、もう一度波を起こそうとする破壊分子のような人物としてまだ有名である」?)彼には総理大臣を超える50万人以上の Twitter のフォロワーがいて、人々をシステムに立ち向かうように促している。

25歳の大学院生にして、日本人が希望を失う中で幸せであり続けるための方法についての本(訳注・『希望難民ご一行様-ピースボートと「承認の共同体」幻想』)を書いた古市憲寿(訳注・http://twitter.com/poe1985)は語る。「堀江は模範的な人物に今までで一番近い存在だ。彼は古い日本と新しい日本のせめぎ合いを代表している。」

古市や他の多くの日本人は、若い人は怒りや抗議を見せないという。そのかわり、彼らは自分を責めてドロップアウトしたり、親の世代より遥かに制限された展望の中で満足感を見つけようと、進んで諦める道を選んだりするという。

(11) このような空気の中、若い政治家たちは同じ世代を政治に感心を持たせるのは大変だという。

高橋亮平(訳注・http://twitter.com/ryohey7654)は東京都市川市の元市議会議員で、他の若い政治家と共にワカモノ・マニフェスト(訳注・http://www.youthpolicy.jp/)の活動に加わった。これは若い日本人が自分たちの主張を表明するためのものだ。

2009年の終わりに彼は、市が若い家族や教育に投資を移すプラットフォームを掲げて市長に立候補した。しかし若い人はほとんど投票に関心を示さなかったので、市の最も有力な投票ブロックである退職者や建設業などの50代や60代に牛耳られた層に迎合するしかなかった。

高橋は語る。「時間が経つと、それだけで古い世代が力を持ってしまう。彼らは何もせずとも増えていくのだ」

彼はその選挙に負けた。彼は、日本が “silver democracy” つまり多くの予算が高齢者のために使われる社会、になってきているという痛いレッスンだったという。

(12) 専門家は、不足していく予算をどんどん切っていくことは、日本の若者が、現在の退職者が受けてきた利益を最早絶対に享受できないということを意味するという。試算によると、今日生まれた子供は、既に退職した人に比べて、年金、健康保険、その他の政府の支出を120万ドルも下回る額しか受け取れないことになる。年金だけを見てもこれは何万ドルにも何十万ドルにもなる。

システムを捨てる

結果として、日本の若者は集団でこのプログラムから逃げ出している。35歳以下の若者の半数が、年金を払っていないのだ。たとえこれが将来、彼らが年金をまったく受け取れないということを意味するものだとしても。高橋は言う。「フランスでは暴動が起きる。日本では単純に、払わないだけだ」

もしくは、ドロップアウトするだけだ。日本の最初のロストジェネレーションが10年前にしたように。

(13) キョウコは、彼女の就職の見通しがこれ以上悪くなるのを避けるため、苗字を名乗るのを避けた。ほぼ10年前、早稲田大学の3年生だったとき、彼女は戦後の日本で踏みならされた、日本のトップ起業に入る道を進むつもりだった。彼女は、日本の起業が好む勤勉で服従的な人物に見えるように、熱心だが主張しすぎないように努めた。

10社ほど面接をウケた後で、彼女は軽いノイローゼになり、辞めることにした。以前は憧れた父親のような会社の戦士にはなりたくないのだと気付いたのだという。

卒業するまでに仕事を見つけることが出来なかった彼女は、フリーターという階層に入るほかなかった。低賃金な短期の非正規労働に甘んじる底辺層の若者のことである。2004年に卒業してから彼女は6つ仕事をしたが、そのどれも、失業保険も、年金も、毎月の給料も15万円以上払うことはなかった。

29歳のキョウコは語る。「これは私がなりたかったものではなかったと気付いた。でも、自分自身でいたことの代償がこんなに大きいのは何故なのだろうか?」

 

【連絡】ラングリッチは以下のTwitterとFacebookページで英語学習のヤル気を高める情報やオンライン英会話、フィリピンへの語学留学に関わるお役立ち情報を発信しています。英語学習に関心のある方は「フォロー」と「いいね!」をお願いします。

Twitter公式アカウント @LR_STARS

Facebookページ ラングリッチ (Langrich)  公式ページ



Topへ戻る