NEWS LESSON / Largest Addressable Markets For Mobile Developers In 2012 Include India, China, Japan & U.S. (スマートフォンの近未来の市場規模を国別に比較: 上位は合衆国、中国、日本、インド)

2011

12

30

(Flurry) Largest Addressable Markets For Mobile Developers In 2012 Include India, China, Japan & U.S.

*There is the Japanese transcript below the English Script

Script

(1)Mobile analytics firm Flurry is closing out the year with a look into the forthcoming shift in mobile installed bases expected in 2012. Using data from the firm’s dataset of over 140,000 apps running worldwide, it was able to calculate smartphone penetration in established markets like U.S. and Europe. Then, using additional data from the IMF in combination with Flurry’s own data, the firm was able to then determine which countries represented the top market opportunities for mobile app developers. Not surprisingly, China and India made the list. But so did the U.S.

(2)To start, Flurry looked at a snapshot of apps running across its user base over the past 30 days in order to rank the current addressable market. The U.S. led the way, with an installed base of 109 million out of 264 million (41%). Flurry notes that 264 million is about half of what Apple and Google say they’ve activated – something that can be accounted for by old device replacement. China (#2) and South Korea (#4) appeared in the top five, ranking above Japan (#5), France (#6) and Germany (#7). The U.K. is #2.

(3)Next, Flurry wanted to determine which markets hold the most future promise. It used the adult population counts from the IMF, then adjusted the numbers based on the size of the middle class in each country using a study by Miller-McCune. Flurry then estimated the size of the upper class for each country, as those folks could also afford a smartphone. This way, China, India and Brazil would not be over-represented in the estimations just because they have large populations. And yet, they did make a showing. China has 122 million users who could afford an iPhone or Android. The U.S. has 91 million, India 75 million, Japan 65 million and Brazil 34 million.

(4)In the final bit of analysis, Flurry wanted to determine the world’s largest addressable markets, regardless of penetration. For starters, it looked at current market maturity (the measure of how penetrated smartphone devices are among a country’s addressable audience.) The U.S., with the largest light blue circle in the graph below, has the largest total addressable audience (TAM) at 200 million. Sweden is the most mature country with 3.2 million of 5 million (66%) addressable consumers already using iOS and Android devices. France, 10th in maturity, has 9.6 million of 34 million (28%) consumers using iOS and Android devices.

(5)In looking at the future addressable markets, Flurry found that even though India’s total population is not far behind China’s, its total addressable market is. Meanwhile Japan, the world’s fourth largest market, has a lot of upside given light penetration of iOS and Android devices against its large, addressable market, says Flurry. Using this method, the top 10 addressable markets are the U.S., China, Japan, India, Germany, Brazil, Italy, France, the U.K. and Russia. More analysis can be found on Flurry’s blog post.

日本語訳

※参照元記事の本文中にグラフがあります。

Tech Crunch Japan 「スマートフォンの近未来の市場規模を国別に比較: 上位は合衆国、中国、日本、インド」

(1)モバイルのアクセス分析を提供しているFlurryが、全世界の2012年のユーザ数〜台数予測を発表した。同社には14万以上のアプリケーションの全世界的な稼働データがあり、それをもとに合衆国やヨーロッパなどの安定市場のスマートフォンの普及率/台数を計算できる*。さらにそれに、IMFのデータや同社独自のデータを加えて、モバイルのアプリデベロッパにとって市場機会のとくに大きい国(中間層の多い国)を同定できる。〔*: iOSとAndroidのみ, NokiaやBlackberry等は除外。〕 そこに中国やインドが登場するのは意外ではないが、おなじく合衆国も登場する。

(2)Flurryは、過去30日間の同社のユーザのアプリ使用状況から推計した、各国市場のランク付けを行った。トップの合衆国は、世界の総現有台数2億6400万に対し、その41%、1億900万を占める。この2億6400万台という数字は、AppleとGoogleが発表している総アクチベーション台数の約半分だそうだ。それには、古い機種からの買い換えも含まれるのだろう。 5位までの中に、中国(2位)と韓国(4位)がいる。それらは日本(5位)やフランス(6位)、ドイツ(7位)より上だ。イギリスは、3位。

(3)では、各国市場の将来性はどうだろう。FlurryはIMF提供の各国の成人人口と、Miller-McCuneが調査した各国の中産階級人口をに基づいて、各国のスマートフォンの潜在市場規模(スマートフォンを買えるほど収入の高い層)を推計した。このような推計方法なら、中国やインドやブラジルなどが、単純に人口が多いだけで上位に来るおそれがない。 …と思いたいところだが、現実には、これらの国も上位に登場している。今後iPhoneやAndroidを買える人口は、中国が1億2200万、合衆国はそれより劣り9100万、インド7500万、日本6500万、ブラジル3400万となる。

(4)このような収入階層別の分析を無視して、単純に将来+現有の総市場規模を計算するとどうなるか。その計算は、現在のスマートフォン普及台数をベースにしているが、トップは合衆国で2億…下のグラフでU.S.のところの、淡いブルーの円の大きさが「2億」を表している(濃い色の円の109は現有台数1億900万)。スウェーデンは市場の成熟度がもっとも高く、総市場規模5000万に対してスマートフォン(iOS/Android)の現有台数が3200万(66%)だ。フランスは成熟度10位で、3400万に対して現有960万(28%)だ。 [市場成熟度が比較的高い国]

(5)しかし下のグラフに見るように、総人口では大差のないインドと中国は、スマートフォンの現有台数と総市場規模では差が大きい。一方、世界で4位の市場である日本は、市場の成熟度は低いが購買力人口が大きいので将来は明るいそうだ。 [市場成熟度が比較的低い国] というわけで、Flurryの分析によると、スマートフォンの将来の市場規模が大きい10の国は、上位から順に、合衆国、中国、日本、インド、ドイツ、ブラジル、イタリア、フランス、イギリス、そしてロシアだ。 詳しい分析データは、Flurryのブログ記事にある。

【連絡】ラングリッチは以下のTwitterとFacebookページで英語学習のヤル気を高める情報やオンライン英会話、フィリピンへの語学留学に関わるお役立ち情報を発信しています。英語学習に関心のある方は「フォロー」と「いいね!」をお願いします。

Twitter公式アカウント @LR_STARS

Facebookページ ラングリッチ (Langrich)  公式ページ

Topへ戻る