NEWS LESSON / Technology Cannot Disrupt Education From The Top Down (テクノロジーでトップダウンに教育を破壊することはできない)

2012

01

04

(TechCrunch)Technology Cannot Disrupt Education From The Top Down

※日本語訳は英文の下にあります。

Editor’s note: Guest contributor Patrick Gibbons is a Las Vegas-based writer and researcher focusing on education policy and reform.

(1)Computer technology has penetrated the classroom for thirty years with little impact. After hundreds of “disruptive” education startups, the best innovation in education is still the chalkboard. This isn’t the fault of the entrepreneurs, but the fault of an education system which resists innovation at every turn.

(2)Many K-12 education technology startups target teachers and administrators by offering tools to become more productive: Lesson plan sharing, gradebooks, training tools, whiteboards and more. Devin Coldewey called them “practical” in his TechCrunch post “If I Were A Poor Black Kid” Inadvertently Touches On Sad Education And Tech Truths.” Coldewey concludes that education needs top-down reforms that utilize these practical technologies. He sincerely believes these technologies can improve teacher and administrator efficiency so the “overworked” staff can gain control of their “oversized” classes in the “pitifully insufficient” resourced schools.

(3)Unfortunately, the top down “practical” approach won’t work for some very good reasons. Essentially, the education establishment doesn’t want to be disrupted and they will leverage the $597 billion spent annually on K-12 public education to prevent true disruption.

(4)To innovate in education, entrepreneurs need to understand some key education statistics. The fact is, despite thirty years of technological progress and innovation, American schools provide the same results with more resources at their disposal. Between the 1959-60 and 2007-08 school year, per pupil spending grew from $2,741 (in 2009 dollar values) to $11,134—an inflation-adjusted increase of 306%. Over that same period the number of students per teacher fell from 26 to 15.3 while the number of students per school employee fell from 16.8 to 7.8.

(5)Finally, while Devin believes public schools have “few computers” the data shows the number of pupils per computer fell from 12.1 in 1998 to 3.8 by 2005.Despite more money, more teachers and more computers per pupil, student achievement in K-12 education has been stagnant for forty years. So why hasn’t money, teachers and technology worked?American public education is a monopoly where the bureaucracy and administrators act more like Soviet commissars than corporate CEOs and entrepreneurs. They don’t want to be disrupted—they like things just the way they are.

(6)Let me give you an example from my research in Clark County Nevada (you may know it as Las Vegas) home of the fifth largest school district in the nation (operating budget of over $2 billion!).
In 2009, I interviewed several local principals. One principal discussed how his purchase request for new Dell computers was denied by the district bureaucrats because the computers came with 21 inch monitors. District rules prohibited monitors larger than 19 inch—despite the fact that Dell was selling the 21 inch monitors for less than the 19 inch. There were many similar stories of frustration.

(7)Anyone who has ever run their own business should immediately see the problem. Principals have little control over the resources in their school. Everything from teachers to textbooks is rationed by a central office commissar – sometimes approval requires the rubber stamp of several bureaucrats (up to seven in Clark County). The central control of public schools is an essential ingredient to prevent disruption—it allows the establishment to build alliances by co-opting players from the teacher union to the for-profit corporation.

(8)The result means technology is treated as a cost, not a means to increase productivity and reduce costs. Using technology to actually increase productivity and reduce costs would mean reducing the demand for teachers, administrators and central office commissars. Co-opted for-profit corporations also prefer the larger, less competitive market because it is easier, and cheaper, to sell to the “edublob” than hundreds of thousands of autonomous and competitive schools.
In other words, you can’t sell technology that increases productivity and truly disrupts—only technology that pretends to do both.

(9)For the disruptive education startups, forget about selling to the public school districts. Take your products to the entrepreneurial schools—private schools, virtual schools, charter schools, home school networks or even directly to the students. These schools and organizations only exist by convincing parents to enroll their children—they are hungry for ways to improve.
Finally, if you are up to the challenge, figure out ways to improve access to high quality teachers. In a country where it is almost impossible to fire bad teachers, the teacher quality gap in the United States is a major problem. According to Eric Hanushek at Stanford University a good teacher averages 1.5 years of learning gains from their students while a bad teacher averages just 0.5 year gains. In other words, a good teacher gives a 1 year learning advantage for their students compared to bad teachers. Now multiply those results over several years.

(10)There are dozens, if not hundreds, of education startups trying to attack the problem from the bottom up. Several tutoring services like WizIQ, Udemy and BlueTeach (to name a few) connect teachers with students. At the other end you have peer-to-peer education networks like Student of Fortuneand OpenStudy. There are also startups mixing tutoring with adaptive-learning (the program adapts to provide lessons covering the subjects where the student is most deficient) like Grockit andSophia Pathways. There are even specialization services like CodeAcademy which provide students a platform to develop computer programming skills.
Finally there is, Khan Academy, a free service offering more than 3,000 lessons on YouTube. Khan also integrates quizes to assess student ability and redirects students to the relevant lesson when they struggle.
Not all of these programs will succeed, but they’re all bypassing the flawed school system to offer education services whenever, wherever to whoever. This is the only way to have a chance at disrupting education.

日本語訳

(テッククランチ)テクノロジーでトップダウンに教育を破壊することはできない

編集部注:ゲスト寄稿者のPatrick Gibbonsはラスベガスを拠点に教育の制度改革を中心に活動しているライター・研究者である

(1)コンピューター技術が教室に進出してから30年、未だに与えた影響は殆どない。何百という「破壊的」な教育系スタートアップが出てきたが、教育史上最高のイノベーションは未だに黒板だ。これは起業家たちの責任ではない。イノベーションに対して事あるごとに抵抗してきた教育システムの問題だ。

(2)K-12[幼小中高]教育技術スタートアップの多くが、教師と管理者をターゲットに生産性を高めるツールを提供している。授業プランの共有、採点簿、教育ツール、ホワイトボード等だ。Devin ColdeweyはTechCrunchの記事、『もし私が貧しい黒人の子供だったら』が、思いがけず教育とテクノロジーの貧しい真実に触れたの中で、これらのサービスを「実用的」だと言った。Coldeweyは、これらの実用的技術を活用するためには、教育にトップダウン的改革が必要であると結論を下した。彼はこれらのテクノロジーが教員や管理職の効率を高め、「過労の」現場担当者たちが、要員や資源が「悲しいほど不十分」な学校でその「大きすぎる」クラスを掌握できるようにすると、真摯に信じている。

(3)残念なことに、トップダウンの「実用的」アプローチはいくつかのきわめて正当な理由によりうまくいかない。基本的に、教育機関は破壊(的改革)を望んでおらず、彼らはK-12公共教育に年間5970億ドルを費して、真の破壊を妨げている。

(4)教育に革命を起こすために、起業家は教育に関する重要な統計データをいくつか理解する必要がある。実のところ、30年間の技術の進歩とイノベーションにも関わらず、アメリカの学校はより多くのリソースを使いながら同じ結果しか生み出していない。1959~60学校年度から2007~08年度の間に、生徒当たり予算は2741ドル(2009年のドル換算)から1万1134ドルへと増加している ― インフレ調整後306%増である。同じ期間に教員1人当たり生徒数は26人から15.3人へ、学校職員当たり生徒数は16.8人から7.8人へとそれぞれ減少している。

(5)そして、Devinは公立学校に「殆どコンピューターがない」と信じているが、データが示すところによると、パソコン1台当たりの生徒数は、11998年の12.1人から2005年の3.8人に減っている。予算が増え、教育が増え、生徒1人当たりのパソコン台数が増えているにも関わらず、K-12教育の成果は40年間停滞したままだ。ではなぜ、金も教員もテクノロジーも役に立たってこなかったのか。アメリカの公教育は官僚と教育管理者によって独占状態にあり、そこでの彼らの行動は企業のCEOや起業家よりもソビエトの人民委員に近い。彼らは破壊を好まない ― あるがままの状態を好む。

(6)ネバダ州クラーク郡(ラスベガスのある場所)で行った私の調査結果を例にとろう。全米で5番目に大きい学区のある地域である(運営予算は20億ドル以上!)。2009年に私は当地の校長数名をインタビューした。ある校長は、新しいDellのパソコンを購入申請したところ地域官僚に却下され、理由は21インチモニターが付いていたからだったと話した。地域の規則では19インチより大きいモニターが禁止されていた ― しかしDellは21インチを19インチより安く販売していた。同じような不満を募らせた話がいくつもあった。

(7)一度でも会社の経営に関わったことのある人なら、すぐに問題に気付くはずだ。校長の自分の学校の資源に対する権限が小さすぎるのだ。教員から教科書まであらゆる物が中央人民委員から配給される ― 承認に官僚数人(クラーク郡では最大7人)のゴム印が必要になることもある。公立学校における中央集権は、破壊を妨げる主要構成要素となっている ― この結果教員組合から営利企業へと人を送り込むことで、教育機関が同盟関係を結ぶことが許されてしまう。

(8)そしてテクノロジーは、生産性向上やコスト削減の手段ではなくコストと見なされる。実際にはテクノロジーの利用によってコストは削減され、教員、管理者、中央人民委員らの必要数が減少する。馴れ合いとなった営利企業も、規模が大きく競争の少ない市場を好む。何百何千もの自立して競争力のある学校相手よりも「教育太り業者」に売る方が、簡単で安上がりだからだ。言い換えれば、生産性を上げる真に破壊的なテクノロジーを売ることはできない ― 売れるのは両方のふりをするテクノロジーだけだ。

(9)破壊的な教育系スタートアップは、公立学区相手に売ることを忘れた方がいい。商品を持っていくなら起業家的学校 ― つまり私立学校 、バーチャルスクール、チャータースクール、ホームスクールネントワーク、あるいは生徒に直接でもいい。これらの学校や団体は、親を説得して入学させることによってのみ存在しているから、改善の手段に飢えているのだ。そして、チャレンジする用意ができたなら、質の高い先生たちにアクセスする手段を見つけることだ。悪しき教員を解雇することがほぼ不可能な国の一つである米国では、教員の質の格差は大きな問題だ。スタンフォード大学のEric Hanushekによると、良い教師による学習利得が平均1.5年であるのに対して、悪い教師の利得は平均0.5年にすぎにない。つまり、良い教師は悪い教師に比べて平均1年分多くを生徒に与えることができる。これに何年もの年数をかけることになる。

(10)問題をボトムアップに解決しようと挑戦している教育系スタートアップは何十、何百とある。個別教育サービスのWizIQ、Udemy、BlueTeachなど(他にも数多くある)は、教師たちを生徒たちと繋ぐ。一方Student of FortuneやOpenStudyのようなピアツーピアの教育ネットワークがある。個別指導と適応学習(その生徒が最も不得意とする科目に対応するようにプラグラムが適応する)を組み合わせたスタートアップには例えばGrockitやSophia Pathwaysがある。さらにはコンピュータープログラミング技術を磨くためのプラットフォームを生徒に提供する、CodeAcademyのような特化したサービスもある。そして、Khan AcademyはYouTubeで3000以上のレッスンを提供している無料サービスだ。Khanはクイズを組み合わせて、学生の能力を評価し、苦労している学生がいれば関連レッスンに送り込む。これらのプログラムがすべて成功するわけではないが、彼らは崩壊した学校制度を迂回して、いつでもどこでも誰にでも教育サービスを提供しようとしている。これが教育を破壊する唯一の方法だ。

(翻訳:Nob Takahashi)

【連絡】ラングリッチは以下のTwitterとFacebookページで英語学習のヤル気を高める情報やオンライン英会話、フィリピンへの語学留学に関わるお役立ち情報を発信しています。英語学習に関心のある方は「フォロー」と「いいね!」をお願いします。

Twitter公式アカウント @LR_STARS

Facebookページ ラングリッチ (Langrich)  公式ページ

Topへ戻る