言いたいことが英語で表現できない時は「ぶどうのしゅわしゅわ作戦」!

2013

08

23

英会話を始めたばかりの方から寄せられるお話で、
言いたいことはたくさんあるのに

「単語が思いつかない」「伝え方がわからない」

というお悩みをお聞きします。

ただでさえ、「英語で話す」ことで緊張しているのに
「正しく伝えなきゃ!」という焦りで黙ってしまうという経験はありませんか?

 

逆転の発想!「ぶどうのしゅわしゅわ」作戦!

 

「ぶどうのしゅわしゅわ」と聞いて、
とっさに何のことを指しているかわかりますか??

先日ファーストフード店で列にならんでいると、
前にお母さんと並んでいた幼稚園生くらいの男の子が、
「”ぶどうのしゅわしゅわ”のやつ飲むー!」といっていました。

それを聞いた自分は一瞬?となったものの、メニューをみて、

「ああ、ファンタグレープが飲みたいのね(笑)」

と理解することができ、思わず微笑んでしまいました。

まだとても幼かったので、
ファンタの名前を知らなかったのかもしれませんし、
炭酸のあの音のイメージがあたまに浮かんできて、
それをそのまま「ぶどうのしゅわしゅわ」とあらわしたのかもしれません。

「炭酸」とか「炭酸飲料」といった言葉がまだ分からないから、
自分が言える言葉で表現したのでしょう。

ちょっとほっこりした気持ちになって自分のシャカシャカチキンを注文し、
席にすわって食べ始めたのですが、

「自分も同じようなこといつもやっているじゃないか!」

と思い至りました。

いつも注文をするときに、
「袋をシャカシャカするチキンください!」
「チューチューストローで吸うアイスください!」
といっているわけではありませんよ(笑)

それは、毎朝のオンライン英会話レッスンで、
自分の言いたい単語が出てこないときに経験していることでした。

そんな、英会話初心者の方によくある、
【言葉が出てこない時に効果的なぶどうのしゅわしゅわ作戦!】をお教えします!

 

これを覚えておけば会話になる!簡単表現方法

 

もしあなたが英語圏の方と直接話していたり、
または、オンライン英会話で講師と話しているとき、
説明したいことがあるのに、言葉につまってしまったら…?

“あー、how can I say this in Enlgish? Wait a moment,,,”

(どういったらよいでしょう?ちょっと待って下さいね…。)

と、まずは時間をかせいでみましょう!

“It is something like 〇〇.” “It’s like 〇〇.”

(〇〇のようなもの、〇〇みたいなもの。)

と代わりにわかってもらうような単語をいくつか並べてみたり、

“You use it when you do 〇〇”

(〇〇するときに使うんだ)

などと具体的なシーンを知っている単語で説明してみましょう!

【ぶどうのしゅわしゅわ】のように、
正確に伝えるのではなく、自分の知っている単語を使って説明します。

さらに、ボディランゲージやら擬音語擬声語、
表情など全部つかってなんとか伝えようとすることがとても効果的なのです。

そんなやりとりをしていると、

“You mean 〇〇?”
(それって〇〇のこと?)

“That’s 〇〇!”
(それって〇〇のことでしょ!)

と、相手や講師が気づいてくれることが多くあります。

大事なのは、
自分がその単語を知らないことを恥ずかしく思う気持ちや
相手に伝わらないのではないかと恐れる気持ち、
なかなかわってもらえず焦る気持ちに負けず、

“What I’d like to say is ~”, “What I mean is~” (私が言いたいのは~)

などの表現を使いながら、粘り強くチャレンジしてみることです。

 

それでもどうしようもない時は?

 

言葉が思いつかなくて、どうしようもないときは、
時間を稼ぎながら、オンライン辞書で調べてみましょう!

そのときは相手や講師に、

Excuse me, would it be all right for me to look up a word in a dictionary?
(すいません、辞書で単語を調べてみてもいいですか?)

Just a moment, please.
(ちょっとお待ちください。)

と言ってみましょう!

▼英単語を調べるのに分かりやすいサイト▼

英辞郎:例文の表現が豊富です
http://www.alc.co.jp/

goo辞書:発音が聴けてソーシャルでシェアするとログを残せます
http://dictionary.goo.ne.jp/

 

自然と身につく!この方法で得られる効果

 

自分の知っている言葉で伝えようとする経験が、
英語での表現力に磨きをかけてくれます。

知っている言葉で伝えようとするというのは、
自分の考えを英語で説明するとてもよい練習になる他、
結果的にその新しい表現を先生から学ぶことができ、語彙が一つ増えます。

「自分の知っている他の単語で言い換える」
「そのものが使われる or その単語が表現する具体的な状況を説明する」
という経験は、英語を話せるようになるために重要なポイントの一つです。

また多くの言い換え・他の説明方法をお思いつく力というのは、
母国語の能力が高い大人の強みを生かす方法であるとも考えられます。

 

しゃべることで盛り上がる英会話レッスン

 

今回ご紹介した「ぶどうのしゅわしゅわ作戦」は、
母国語と比べて圧倒的に少ない語彙力をカバーすることができる他、
英会話のレッスンでは、
「必死で伝えようとする生徒のことをわかってあげたい!」
と、講師も乗り気になってくれます。

友達にクイズを出されたもののなかなかわからなくて、
いろいろヒントをもらってなんとかあてようとするような感じでしょうか?

もちろんこれは、立派な英語ではないかもしれません。

でも、言葉につまって沈黙して、
辞書で調べている間「しーん」となる時間が多くなるよりも、
声に出してしゃべることが重要なのです!

自分の言いたいことを講師が分かってくれると、
嬉しくて、グッと距離が近くなるように感じます。

きっと講師も喜んで、あなたのことを褒めてくれるでしょう。

自分の英語が通じたときの【嬉しさ】を忘れないでください!

もしあなたが英語を話す上で、単語や表現が思い浮かばないとき、
簡単な言葉でおきかえる、「ぶどうのしゅわしゅわ」作戦を試してみてはいかがでしょうか?

Activity

下記の英単語を知らないとき、
「ぶどうのしゅわしゅわ作戦」で実際に説明してみましょう!

① 年賀状

② 屋台

③ 銭湯

Topへ戻る