なるべく日本語を使わず英語を英語で学んだ方が良い単純な理由。

2014

06

02

みなさんは英単語をどのように覚えているでしょうか?

英単語を覚えるコツ!

単語帳を買ってひたすら暗記するであるとか、洋書を読んでわからな単語があるたびに辞書を引いて覚えるようにするなど、

いろんな方法があると思います。

今回おすすめするのはこういった英語を日本語で理解する方法ではなく、

「なるべく日本語を使わず英語を英語のまま覚える」という学習法です。

私たちはどのようにして日本語を覚えてきたか

「犬」という単語を見て、どのようなイメージを思い浮かべますか?

おそらく皆さん思い思いの犬をイメージされたと思います。

では次にこの写真を見てみてください。

犬、かわいい、眠そう

この写真を見たときにはおそらく、

「犬」という単語がイメージされたと思います。(他にも「かわいい」とか「眠そう」なども)

単語を見るとイメージが思い浮かび、写真等を見たりすると単語が頭に思い浮かびます。

このように本来単語とは、実際のイメージと結びついて記憶されています。

なのでDogという単語を覚えるときには、「犬」という日本語訳を覚えるのではなく、

犬の写真をイメージしてDogという単語を結びつけて覚える方が効果的なのです。

Dog=犬、と覚えてしまってはダメ

Dog=犬のように、英単語→日本語の順番で覚えてしまうと、実際の犬のイメージとDogという単語が直接つながらず、

Dog→犬→犬のイメージ、となってしまい、単語を意味を理解したり使ったりするのに時間がかかってしまいます。

理解するのに苦労してしまう…

これがDogくらいの簡単な単語であれば問題ないかもしれませんが、

もっと難しい単語や、日本語には無い英語独特の表現を、日本語で覚えてしまうと、

実際にそういった単語が使われたときに理解するのに苦労してしまいます。

なのでなるべく英単語や英語表現は、日本語で理解するのではなく、

実際にそれが使われているシチュエーションごと覚えてしまうのが良いのです。

動画を使って英語を覚えよう

なので実際に単語力を付けたい、という方は、

映画やTEDなどの動画を見ながら、そこで実際に使われている単語を覚えていくというのが効果的です。

実際にイメージで英単語を覚える!

動画が面白ければ学習することも楽しくなりますし、そこで実際に使われている単語を覚えることで、

イメージと英単語が直結し、こういったシチュエーションではこういう英語表現を用いる、

という実践的な知識が身に付くため、単語力が身に付くだけでなく、英語での表現力も向上します。

おすすめのTED

ここでおすすめのTEDの動画をいくつか紹介させていただきます。

1つ目はこちら

How to start a movement (社会運動はどうやって起こすか)

3分程の短いプレゼンですが、内容が非常に面白いので見やすいです。

こういった動画を繰り返し見て、自分の知らなかった単語がどのように使われているのかを覚えてみましょう。


2つ目はこちらです。

The world’s English mania (世界の英語熱)

世界で英語がどのように学ばれているかが紹介されています。

最初に”mania”(マニア)という単語を繰り返しますが、日本語の「マニア」という言葉との発音の違いに注意してみてください。


最後に僕がよくみるTEDを紹介します。

スタンダップコメディアンのマズ・ジョブラニ氏の動画です。

Did you hear the one about the Iranian-American?(イラン系アメリカ人の噂聞いてる?)

内容そのものが非常に面白いので見ていて苦になりません。アメリカのコメディーって感じがします。

中級者向けの動画なので初級者の方には少し難しいかもしれませんが、英語字幕も出るのでぜひ見てみてください。

また、こういった動画で実際に学んだ表現を、ラングリッチのレッスンで使ってみるのもいいかもしれません。

覚えたことはどんどんアウトプットしてゆくことで記憶に定着してゆくのでおすすめです!

Topへ戻る