単語帳に挫折したあなたへ。使える英語を身につけよう!

2014

06

20

英語学習に置いて、ボキャブラリーを増やしたいと思ったときに真っ先に思いつくのが、

単語帳による暗記学習ですが、これってなかなか続かないですよね。

割と手頃で場所を選ばず使えるのがいいんですが、あんまりおもしろくないので途中で挫折してしまったりします。

そんな風に挫折してしまったみなさんへ、今回紹介するのは動画を使って単語を覚える方法です。

これ自体はそこまでめずらしい方法ではないので、まずはなぜ動画を使った学習が効果的かを説明します。

単語はシチュエーションで覚えよう

一般的に単語帳を使った学習は、単語を意味とリンクさせて覚えていきます。

しかし実際には意味ではなく、単語はシチュエーションとリンクさせた方が、

単語が使われる具体的なイメージがわきやすく、使える英語が身に付くのです。

語学学習が、勉強というよりも運動に近いとよく言われますが、

サッカーのシュート練習するときに、程よく助走をとり軸足に体重をかけて右足を振り抜く、と説明されるよりも、

実際にシュートするところを見せてもらって、その後に自分がやってみた方がコツをつかめますよね。

語学学習も同じで、なるべく体験しながら学んでいった方が身に付いてゆくのです。

同じ動画を何度でも

なので動画を見ながら、そこに出てくる単語を覚えてゆくとこで、

どのように使われるかもイメージしやすく、実際にそのシチュエーションになったときに、

その単語をスムーズに使うことができます。

自分のお気に入りの洋画を英語字幕で繰り返し見ることをおすすめします。

できればSFとかではなく、日常を舞台にした映画の方が使われるイメージがしやすいかもしれませんね。

覚えた単語は使ってみよう

動画を使った学習によって単語を徐々に覚えていったら、

それをラングリッチのレッスンで使ってみましょう。

新たにインプットした単語は、積極的にアウトプットすることでさらに脳に定着してゆきます。

自分の好きな動画で様々な表現を覚えて、ラングリッチのレッスンで実際に使ってみることで、

自分の英語力がどんどん上がってゆくのを実感できると思いますよ!

Topへ戻る