日本文化 / お月見を英語で紹介しよう!

2014

09

07

こんにちは!ラングリッチ教育企画部です。

今回は日本文化を英語で紹介しようシリーズの第 2 弾として、
9 月 8 日(月)に迫ったお月見を英語で説明する表現をご紹介いたします!

日本のお月見

お月見とは、十五夜である旧暦で 8 月 15 日にあたる日に月を眺めて楽しむことをいいます。
今年は 9 月 8 日(月)が十五夜にあたります。
日本ではすすきを飾り、お団子を供えるのが一般的ですね。

表現の例

Otsukimi is a seasonal festival to enjoy the moon on the night of August 15th, on the Chinese calendar.
お月見は旧暦 8 月 15 日(十五夜)に月を楽しむ季節のお祭りです。
Otsukimi means “viewing the moon”.
お月見は「月を見る」という意味です。
In 2014, August 15th on the Chinese calendar is September 8th on the Gregorian calendar.
2014年は、旧暦8月15日は新暦の9月8日です。
In Japan, people decorate with silver grasses and offer rice dumplings to the moon.
日本では、ススキを飾り、団子を月に供えます。
It is said that silver grass can house a Shinto God, and acts as a charm against evil.
ススキは神道の神様の依り代、また、魔除けにもなると言われています。
People offer the rice dumplings in appreciation for the harvest of grains.
穀物の収穫に感謝し、団子を供えます。

中秋の名月

十五夜に見える月のことを「中秋の名月」といいます。また、「芋名月」とも呼ばれます。
「中秋の名月」は、一年で一番美しいと言われていますが、
常に満月というわけではありません。
また、「仲秋の名月」と言うと、旧暦 8 月全体の月を指すことになりますので、
十五夜の月とは違います。

表現の例

The moon which you can see on the 15th is called “Chushu-no-meigetsu” which means “Mid-Autumn moon”. In English, it is called “Harvest moon”.
十五夜の日に見える月は、「中秋の名月」と呼ばれています。英語では「収穫の月」と呼ばれています。
It is also called “Potato moon” because people offer taro, a kind of potato, to the moon.
また、芋の一種である里芋を供えることから、「芋名月」とも呼ばれています。
August on the Chinese calendar is a good season to see the moon in the northern hemisphere because of the angle of the sun and the moon.
太陽と月の角度のため、北半球では旧暦8月が良い観月の季節です。
However, the harvest moon is not always a full moon.
しかしながら、中秋の名月はいつも満月とは限りません
The full moon tends to come after the harvest moon.
その頃の満月は、中秋の名月の後になる傾向があります

十三夜

日本には、十五夜の後には十三夜がありますが、これは日本独自の慣習のようです。
十五夜ではこれからの収穫を祈り・感謝し、十三夜では収穫できたことを祝うと言われています。
今年の十三夜である旧暦 9 月 13 日は、10 月 6 日(月)となっています。

表現の例

People celebrate September 13th on the Chinese calendar as well as August 15th in Japan.
日本では十五夜と同じく、十三夜もお祝いします。
It is said that September 13th is the end of the harvest season.
十三夜は収穫時期の終わりとされています。
The moon you can see on the September 13th is called a “Bean moon” or “Chestnut moon”.
十三夜に見える月は「豆名月」もしくは「栗名月」と呼ばれます。

お月見の起源と中国

お月見の風習は9世紀頃に中国から伝わったと言われています。
中国では「中秋節」として盛大にお祝いが行われます。フィリピンでも、中国系の人々の間では大いに祝われるようですので、講師に聞いてみましょう!

表現の例

It is said that the custom of gazing at the moon came from China.
お月見の習慣は中国から伝わったと言われています
In China, it is called “Mid-Autumn Festival” and is the second most important festival after Chinese New Year.
中国では「中秋節」と呼ばれ、旧正月に次ぐ大事なお祭りです。
On the evening of the Mid-Autumn Festival, families stay up late and get together to eat moon cakes and gaze at the moon.
中秋節の夕時は、家族みんなで夜遅くまで起き月餅を食べにみんなで集まって、月を眺めます。
How is the Mid-Autumn Festival celebrated in the Philippines?
フィリピンでは中秋節はどのようにして祝いますか?

食べ物

お月見にちなんだ食べ物として、日本では月見うどんや月見バーガーがあります。
卵が満月に似ているからですね。
これも日本独自のものなので、ぜひ英語で紹介してみましょう!

表現の例

Wheat noodles, udon, or buckwheat noodles, soba, with a raw egg on top are called “Tsukimi-udon” or “Tsukimi-soba” because the egg looks like a full moon.
卵が満月似ていることから、生卵を割り入れたうどんやそばを「月見うどん」「月見そば」と呼びます。
During Tsukimi season in Japan, McDonald’s sells “Tsukimi burgers” which have sunny-side up eggs in them.
日本のマクドナルトでは、毎年お月見の時期に、目玉焼きが入った「月見バーガー」が販売されます。

月のウサギ

日本では、月にはウサギが住んでいるという伝承があります。
十五夜のイメージとして、月でウサギが餅をついているというものがありますね。これは昔からある伝承に加え、月のクレーターの形がウサギに見えるからです。
しかし、他の国ではどうやら月にいるのはウサギではないようです。。。

表現の例

In Japan, it is said that there are rabbits on the moon.
日本では、月にはウサギがいると言われています。
This is because the shape of the lunar crater looks like a rabbit pounding rice cake with a mortar and pestle.
月のクレーターの形が、ウサギが臼と杵で餅をついている ように見えるからです。
In China, it is said that the rabbit is pounding the elixir of life.
中国ではウサギが不老不死の薬を作っているように見えています。
In Arabia, it is said that there are lions on the moon.
アラビアでは、ライオンがいると言われています。
What can you see in the moon in your country?
あなたの国では月の中に何が見えますか?

最後に

十五夜を紹介する表現はいかがでしたでしょうか?
ぜひ今月 8 日の十五夜の日は、お団子を供えて、ゆったりと月を愛でてみてください。
また、ラングリッチの講師に十五夜の文化を英語で紹介してみましょう!


ブログ記事で得た知識を早速使ってみませんか?
↓↓↓ 興味がある方はまずは体験レッスン♪ ↓↓↓
オンライン英会話 ラングリッチに無料会員登録する

Topへ戻る