MOOCを使ってプチ留学体験!

2014

03

21

「留学をしたい!」という方は多くいらっしゃると思います。
しかし「お金ないよ…」という方もまた多くいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな、海外の大学を感じたい人にオススメなのがMOOCです!

MOOCとはMassive Open Online Courseの略で、通称ムークと呼ばれる、「インターネット上で誰でも無料で受講できる形で公開されるオンライン授業」のことです。
ハーバード大学やスタンフォード大学といった、多くの有名大学が授業を無料で公開しており、日本では、東京大学や京都大学も公開しています。
単にビデオ講義を受けるだけでなく、知識確認のための試験問題や、参加者のユーザーコミュニティも用意されていることから、今急激に発展しています。

今回はそんなMOOCについていくつかご紹介します。

スタンフォード初のCoursera

スクリーンショット 2014-03-14 17.38.34
スタンフォード大学のコンピュータサイエンス教授によって創立されました。アメリカの大学を中心とした、世界中の多くの大学と協力し、それらの大学のコースのいくつかを無償でオンライン上に提供しています。
授業1コマ15分程度で受講でき、中には日本語字幕付きのものもあるので、気軽に受講できます。

MIT工科大学とハーバード大学によって創立されたedX

スクリーンショット 2014-03-14 17.39.13
マサチューセッツ工科大学とハーバード大学によって創立され、多岐な分野にわたる大学レベルの授業を無償で提供しています。
オンライン学習ソフトをただのビデオ講義を越え、より交流型のものへと進化させることを目指しているようです。
授業は英語で行われ、動画の横に英語字幕が表示されます。
かの有名なマイケル・サンデル氏の授業を受講することができ、毎週特定の時間にスタッフに質問ができたり、ディスカッションが行われたりします。

あのAppleから生まれたiTunes U

スクリーンショット 2014-03-14 18.07.46
これまで2つのMOOCを紹介しましたが、英語のレベルは高めです^^;
あまり英語には自身が無い方にオススメなのが、iTunes Uです。
みなさんご存知のAppleが提供している、教育・学習向けのコンテンツ配信サービス、およびその専用アプリです。
2007年に開始され、スタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校、マサチューセッツ工科大学などが当初から参加し、iTunes Uを通じて講義の映像を一般向けに配信しています。日本でも2010年前後から、東京大学、慶応義塾大学、早稲田大学、明治大学などが講義映像の配信を開始しています。
個性的な授業が多く、中には、カエルの掴み方を学ぼう!といった蛙学の授業まであります笑
サービス自体もとても見やすい作りになっているので、取っ付きやすいかもしれません!
 

いかがでしたでしょうか?
今やMOOCは多く存在し、それだけ様々な国の、様々な授業を受けることができます。
これを機にあなたもプチ留学体験をしてみては?

また、ラングリッチ講師にも現役大学生の講師が多く所属しているので、
大学の雰囲気や、授業の内容等、フィリピンの大学について聞いてみるのも面白いかもしれません。

Topへ戻る